切り絵の図案をアプリで!

アプリで作った切り絵用の図案(写真) インターネット

こんにちは、Reiko.Kです。

すっかりスマホの普及した今の時代、「切り絵の図案もスマホで作れないものか」

今回はそんな記事です。

使うのはたった2つのアプリで簡単切り絵図案!

1.「スケッチカメラ」

まず使用するのは「スケッチカメラ」というアプリです。

このアプリは色々なフィルターをかけた状態で、写真や動画を撮影できるアプリです。

今回はこのアプリを使ってまず「鉛筆スケッチ風」の写真を撮ります。

被写体は我が家の愛犬です(笑)

左から2番目の「pencil2」というフィルターを使って撮影してみました。

※このアプリは「Android」用です。

「iPhone」をお使いの方は「ペンシルスケッチ」というアプリで変換してみてください。

2.「Sketch Me!(スケッチ ミー)」

次に使うのは「Sketch Me!」というアプリです。

このアプリを使ってさらに切り絵の図案にしやすい画像に加工していきます。

一番左端のフィルターを選択します。

フィルター設定を選択し、微調整を加えながら白と黒のコントラストがちょうどいい所まで調整して保存します。

「Suketch Me!」の「Android」版はこちら↓

「iOS」版はこちら↓

出来上がり画像と切る時の注意点

さて、完成した図案はどんなものでしょうか?

早速見てみましょう。

多少手を加える必要はありますが、それっぽい画像ができました。

こちらの画像は「黒」の占める割合が多いので、黒の紙で白い部分を切り抜く、といった方法が合いそうです。

一方同じ方法で作ったこちらの画像をご覧ください。

こちらの画像はメインとなる犬の顔の部分の「白」の占める割合が大きいです。

そのため、この図案を生かすには白の紙を用意して「黒」の部分を切っていく、という方法が合いそうです。

最後に

いかがだったでしょうか?

スマホって便利ですね~。今回つくづく実感しました。

だって画像処理ソフトがいらないんですもん!

皆さんもスマホアプリを有効活用して、新しい切り絵ライフを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました