切り絵の簡単な図案の作り方

デザイン

検索や本に頼るのだけではもったいない。「オリジナル」の図案を

遅咲き切り絵作家のReiko.Kです。

今回は切り絵初心者さんに向けて、簡単な切り絵用の図案の作り方をご紹介します。

まずは大手検索サイトからの画像検索

図案のもっとも手っ取り早い入手方法は「Yahoo!」や「Google」などの大手検索エンジンでの画像検索です。実際に「切り絵 図案」で画像検索してみた結果がこちら↓

「切り絵」での画像検索結果

見て頂いてもわかる通り、画像検索だけでも十分に素敵な図案が見つかることと思います。

しかし今回の画像検索では見落としている部分があります。

それは「著作権」と「利用許諾」です。

著作権は以前触れた通り、絵画などでは描いた瞬間から描いた人に権利が発生するものです。

このため、いくら検索でよい図案を見つけたとしてもその著作権は作者に帰属し、簡単に利用できるものではありません。

また、「利用許諾」とは簡単に言うと図案の作者が「この図案、使ってもいいよ」と了承してくれる状態のことを言います(厳密にいうと違うのですが…)。

画像検索で素敵な図案を見つけたとしても勝手に使用してはいけません。

必ずその画像の著作権がだれにあるのか、また、その図案の利用許諾はあるのかなどを確認する必要があります。

このため画像検索で図案を見つけたとしても、図案が掲載されているサイトを訪問する→そのサイトで第三者が切り絵用の図案として使用しても良いという趣旨の記載があるかを確認する、という手順が必要になります。

手順が若干煩雑ではありますが、こういった過程を経て晴れて検索による気に入った切り絵用の図案が手に入ります。

本による入手

切り絵用の図案集が本で発売されていたりもします。

どちらの方法で手に入れた図案でも個人的に楽しむ以外には公表できない

晴れて図案を手に入れたあなたですが、ちょっと待ってください。

おそらくどちらの方法で手に入れた図案でも「利用許諾」にこう明記されていることは多いはずです。

「インターネット上で公開する、できた作品を販売する、商用目的で転載する、以上の行為は禁止です」

他にも禁止項目がある図案もあるはず。

今後もただ趣味の範囲で切り絵を楽しみ続けるというならば、ここまで紹介した図案の入手方法でも問題はないです。

でも作っていくうちにだんだんと磨かれていく技術、これを誰かに見てもらいたいという気持ちはいつか必ず湧き上がってくると思います。

デザインも切るのも簡単なオリジナルの図案を作ろう!

最初は何でもいいです。好きな形を紙に書いて下さい。

三角、丸、四角、五角形、星、等々。

描ける方は動物のシルエットでもよいです。

犬、猫、ウサギなど。

とりあえず今回は星にしてみました(ヒトデもどきですが…)。

切り絵のオリジナル図案の描き方・その1

次に形の一部分を塗りつぶします。

切り絵のオリジナル図案の描き方・その2

さらに図形の空いた部分に簡単な花模様を2,3個入れてみます。

切り絵のオリジナル図案の描き方・その3

若干塗りつぶした部分に重なるところは塗りつぶしの方を消去しました。

最後に余った部分を適当な線を引いて埋めていきます。

この際の注意点は、必ず線は「面」を意識して引いていくこと。

つまり、どの線も閉じていてどこかの黒い部分に必ず隣接している状態です。

この状態の線の方が初心者の方には切りやすいです。

切り絵のオリジナル図案の描き方・その4

出来上がりです。

ざっくりとした解説でしたがいかがだったでしょうか?

自分で生み出した図案なら可能性は無限大!

自分でオリジナルの図案を作ってみた気分はどうでしょう?

また新しい図案をデザインしてみたくなりませんか?

しかもオリジナルの図案なのですから利用方法はあなた次第です。

是非今までオリジナルの図案に挑戦したことが無い方もこんな方法からでもいいので始めてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました