切り絵に必要な道具一覧

切り絵

切り絵に必要な(私が使っている)道具一覧

タイトル通り、私が使っているものを中心にご紹介したいと思います。

デザインナイフ(ペンタイプのカッター)

まずは、私はハサミではなくデザインナイフで切るので、デザインナイフが必需品です。

なかでもご紹介するNT デザインナイフ D-400 シリーズは替刃に45℃と30℃の2種類の刃が使えてなかなか便利です。

私はこのシリーズの中でも、見た目重視でブルーの軸を使用しています。

ですが、色にこだわらなければ握りやすい軸なども販売されていますので、そちらも検討してみるといいかもしれません。


また、替刃も紹介しておきます。

紹介しているのは角度が30℃ですが、45℃もあるので一度両方試してみる事をお勧めします。

刃の角度一つとっても切りやすさが全然違いますので。

また、有名どころでは他にOLFA(オルファ)というメーカーのデザインナイフがあります。

こちらも使いやすく、替刃の角度を気にされない場合はおススメです。

カッターマット

切り絵を切る際に机を傷つしけたりしないように、また、切り絵をするときに刃の通りをよくするためにカッターマットを下敷きとして使います。

私は切り絵を始めた当初からOLFA(オルファ)製のカッターマットにお世話になっています。

良く刃が通り、切りやすいんです。

私はなかでもA3サイズにお世話になってます。

机の上の広さにはちょうどいいし、だいたい切るものはA4からA3クラスが多いので。

もっと大きいサイズもありますので、机の広さに余裕のある方や将来的に大作に挑戦するぞ!という方はどうぞ。


マスキングテープ

下絵と切り抜く紙を留めるために使います。

これはもう好みです。

切り抜く紙はNTラシャやミューズコットンなど画材屋さんに行けば手に入るもので十分です。

ただし人によっては厚い紙が苦手という方もいらっしゃいますから、その場合は切り絵専門紙で挑戦するのもいいかもしれません。

中には折り紙を使うという方もいらっしゃいます。

黒を使うのが一般的なようですが、色も縛られずにお好みで決めるのが良いと思います。

最後に

以上、私が使っている道具一覧でした。

そして念のためハサミ切り絵をやりたい方のために専門のハサミを紹介。

あの美しいレース切り絵を切られている方です。

是非試してみてくださいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました