切り絵を販売するときの価格設定

Reiko.K 切り絵 フェンリル 切り絵

こんにちは、Reiko.Kです。

今回は切り絵を販売するときの価格のお話をします。

切り絵の販売価格とは

絵画の世界の価格設定

まず、切り絵の販売ではなく絵画の販売価格についてお話しします。

絵画は作者によって大きく販売価格が違うのは皆さんご存知の通りです。

著名であればあるほど、作品自体の知名度が高いほど価格は高くなる傾向にあります。

上を挙げればきりがないですが、数百万円から高いと数十億円なんて破格の値が付くことも。

でもこれは著名な画家の話で、一般の現在、絵で食べている方たち、もしくは絵を趣味としながらも販売している人達になると話は別です。

現在、絵画だけで食べていける人たち、いわゆるプロの画家はほんの一握りです。

その人たちの相場は高いもので数百万円、安いもので数万円~数十万円といった所でしょう。

この高いか、安いかを決める基準の一つに「号いくら」というのがあります。

絵画のキャンバスサイズは「号」という単位で大きさが決められており、一番小さい1号サイズから大きいものになると(もっと大きいものもありますが)100号なんてものもあります。

この「号」によって値段を決めるというのがあります。つまり「私の絵の単価は1号あたり2万円です」という画家の方がいれば、その方の20号サイズの作品は約40万円+諸経費ということになります。

一点ものか、複製品か、などでまた価値は変わってくるでしょうが、大きさで値段を決めるという簡潔な手法はあるというわけです。

さて、では切り絵に話を戻しましょう。

切り絵の世界の価格設定

切り絵にも「大きさで価値を決める」という側面もあるようです。

実際、大きい切り絵ほど手間がかかっているのも事実です。

ですが、「ならば小さければ手間はかかっていないのか」というとそういうわけでもありません。

逆に作品によっては小さいほど細かく繊細なものもあります。

切り絵だけではないかもしれませんが、大きさが手間と比例するというわけではないのです。

そういう理由からでしょうか、今まで私が見てきた切り絵の価格というのはそれはそれは千差万別でした。

同じ大きさの物でも作家さんによって5万円だったり、10万円だったり、中にははがき大サイズで約30万円という方もいらっしゃいました。

ちなみに「ヤフオク」や「メルカリ」などのいわゆるネット販売サイトを覗いてみると切り絵を販売していたりするのですが、その価格は何千円ほどというとても安い値段だったりします。

個人的にはこういうネットサイト上での作品販売はおススメしません。競合が多く、売るために結局は「安売り戦争」に巻き込まれてしまうからです。手間に合ったリターンがありません。

では自分のオリジナル切り絵を販売するときの価格設定は?

ここで、まず通常の商売の基本を考えてみます。

月間で欲しい売り上げ、製作枚数、製作時間を単純に数値化します。

例えば月に50万円の売上が欲しいとして、その月の製作枚数は10枚でした。内、1枚は制作時間10日の大作で、2枚は3日の作品、残り7枚は製作期間1日の小作品だったとします。

計算してみます。

全製作期間は(10+2×3+7×1)=23日です。

希望売上額をこの合計製作間で割って1日当たりの金額を算出します。つまり 50÷23≒2.17 です。

この計算で行くと、製作期間1日の作品は 約2.2万円、3日の作品は 約6.6万円、10日の作品は 約22万円 とすると、完売した場合には自分の理想とする売り上げが入ることになります。

しかし、商品とは完売することはまずないです。

絵画などの芸術品の場合、「半分売れたらすごい作家」だそうです。

なので、自分がその「すごい作家」だとすると、先ほどの価格を倍にした 約4.5万円、 約13.2万円、 約44万円ということになります。

ただしこれは単純な商売として捉えた場合の価格設定ですが、商売には他にも「売れる価格帯」や「売れ筋の商品」、「在庫」などの要因を加味して価格決定します。

実際の価格設定には、作者のこだわり具合、知名度、額装などの諸経費、ギャラリー販売などの場合は販売手数料などが加味されますので、通常、切り絵作家さんの作品を購入しようとするなら最低でも3~10万円ほどは想定しておくべきです。その作家さんの代表作ともなれば数十万円はするでしょう。もはや常人には手に届かない価格の作品もあります。

そんな事情も踏まえて自分の作品の価格設定をするときには、売り上げから逆算した単純計算方法を下地に自分なりのアピールポイントがある作品ならその分を上乗せする、というのが良いのではないでしょうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました