私が切り絵を切るときに使っている道具プラスアルファ

切り絵

切り絵を切るときにあると便利な道具

こんにちは、Reiko.Kです。

今日は先日↓

の記事でご紹介した切り絵の基本道具のほかに、あると便利なアイテムをご紹介します!

見やすい!切りやすい!

切り絵って結構(やっぱり?)目を使います。

なので、なるべく目に優しい環境にするためにこれから紹介するものをおススメします。

まずは「卓上ライト」。

これで手元を照らすだけでぐんと目への負担が軽減されます。

切るときにはどうしても細かい作業のため手元のすぐ近くに目が寄りがちです。

そうすると手元が暗くなってしまって切りにくいのです。

なので手元を明るく照らしてくれる卓上ライトがおすすめなのです。

次におすすめなのが「目薬」。

いきなり何を、と思われるかもしれませんがやはりこれも目のため。

長時間切っていると思っている以上に目に負担がかかっています。

なので目薬で目を休ませてあげてください。

ちなみに私のお勧めは爽快感たっぷりの

です。点眼した後のスッキリ感が気に入っています。

ただ、刺激があるのが苦手な人には別の製品をお勧めします。

ちょっとした小道具を

切り絵をしていると必ず出るのが「切くず」。

その切りくずを片付けるのに便利なのが「羽ぼうき」。

手で払ってもいいのですが、羽ぼうきを使ったほうが紙が手につかなくて良いですよ。

あると嬉しい道具たち

切り絵をするのに必須ではないけどあると嬉しい道具たち。

あなたの切り絵ライフの参考になれば幸いです。

また、「私はこんなの使ってます!」というコメントも大歓迎です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました